カテゴリーが“エアコン修理”の記事

こんばんわ(^^)

昼間はぽかぽか、夕方ビュービューと風の強い1日でした。

花粉も多く飛んでいた気がします(+o+)

 

さて、本日もエアコン修理の紹介です。

お客様の方から、エアコン使用時に「異臭」がするというものでした。

これからフルに使用するエアコンが毎回臭いのは嫌ですね。。。ばっちり治しましょう\(^o^)/

CIMG3354ばらす前です(^^♪

CIMG3321 CIMG3322

どんどん部品を外していきます。

CIMG3318  CIMG3350

どんどんと・・・・・・すると!!

CIMG3319こんな姿に(+o+) いつもにましてバラバラです(@_@)

CIMG3324 CIMG3323

室内だけにとどまらずエンジンルームも少々ばらします、冷却水も一旦抜きます(^_^) きれいな色です☆

CIMG3344 CIMG3346

そして車内から、エアコンのユニットをごっそり抜きます、この中にお目当ての物があります。

CIMG3348ばらし中~

CIMG3343 CIMG3345

ついに出ました、「エバポレータ」です。 異臭の原因は様々ありますが今回はこちらの部品の不良でしたので新品と交換です。

交換するのにここまで必要なんです(+o+)

CIMG3353交換完了したら復元していきます。

大量の部品、配線を元に戻すのはかなり大変で技術・経験を必要とします。

CIMG3354ですが、当然元通りになりました\(^o^)/

異臭もなくなり、快適に夏が迎えれそうですね(^^♪

 

エアコンの異臭は原因を根本から治さないと完治しません。

エアコン消臭剤等では一時的な物となります・・・・また臭くなってしまいます涙

エアコン修理は経験と知識が必要になります。

エアコンが効かない・臭い・異音がする、そんな時は石丸電機にお任せ下さい(^^♪

TEL:0574-26-1365

 

では・・・・


こんばんわ(^^)

 

今日は本日行ったエアコン修理の紹介です!

エアコンの効きが悪いということで入庫となりました。 これからの時期エアコンは必須ですもんね(@_@)

高度故障診断のスペシャリスト 中島工場長が素早く、的確に診断を行い、コンプレッサー不良となりました。

そこでコンプレッサ交換行います!

CIMG3304

まずは、車に入っている冷媒(エアコンが冷える素)を回収し、その後ベルトを外します。

CIMG3306

黒いパーツの見える部品がコンプレッサです。  車体下に潜り込み取り外します。

CIMG3309

無事摘出完了です! 少しブレテますね(@_@)

CIMG3307

これが不良のコンプレッサーです。 今までお疲れさまでしたm(__)m

CIMG3308

こちらが新しいコンプレッサです。 リビルト品(リンク品)の使用ですのでお値打ちに用意できます。

これからバリバリ圧縮して下さい(^^♪

CIMG3310

右:古いコンプレッサからオイルを抜きます。

左:新しいコンプレッサに入っているオイルを適量に調整します。

簡単なようですが適量にするには経験が必要です(^^♪

この様な作業は専門店のノウハウとデンソーのマニュアルを基に行います。

エアコンを修理するという事は、「ここまでやる」という事となります。

コンプレッサーはリビルトと言えども、高額です。

しっかり修理を致し、快適な車内空調環境に戻します。

CIMG3311

そして、元あった位置にコンプレッサを取り付け交換は完了です。

この後、真空引きガスチャージを行いました。

エアコンが良く効きます\(^o^)/ 快適な夏が迎えれますね♪♪

 

エアコン修理は、難しく経験・知識が必要です。

エアコンが効かない・異臭がする・異音がする、そんな時は石丸電機にお任せ下さい\(^o^)/

ばっちり修理します!!

TEL:0574-26-1365

 

では・・・・

 

 


 こんばんは(^^)

石丸電機の前には大きな桜の木があり、見頃をむかえております☆

今週末は花見!という方も多いのではないでしょうか??

土曜は雨マーク有りでしたが、日曜は晴れそうです♪♪   ご参考に・・・・(*^_^*)

 

 

さて、桜の開花と同時に日々気温が上昇し、車のエアコンONする時期となりました! 日中は暑いですよね。

いざエアコンONしてみると・・・「涼しくない」「嫌な臭いがする」「変な音がする」そんなことはありませんか??

そんな時は、石丸電機です! 電装屋ですのでエアコン修理は自信があります(^^)

電装屋の夏はエアコン・エアコン・エアコンです! エアコン修理には知識・経験・ノウハウが必要で難しい修理になります!

 各ディラー様より夏には沢山のエアコン修理依頼を頂いており社員一丸で、早く正確に作業を致しております。

 

~エアコン修理の様子~

 CIMG0401 エバポレータという部品を交換するにはここまでバラします!

CIMG0849 運転席の前の部品を全部外しました。

CIMG0851ハンドルにナビも外します。

これだけの作業を行わないと交換できないのです。 :-(

外した部品を元に戻すのも技術が必要とされます。 我々電装店の夏は毎日このような仕事をしております。 :-D

 

エアコン修理はお任せ下さい(^^)  またエアコン修理ありましたら紹介します♪

では・・・・


ホットコーヒーがおいしい時期になりました。

秋から冬へと季節の変わり目ですので皆様も体調を崩さぬようご自愛下さい。

さて、今回は9月頃の作業のご紹介を致します。

長くなりますので、よろしくお願いいたします。 :roll:

日産ディラー殿よりご依頼がございましたシーマのヒーターコア取り替えです。

高級車ということで少々緊張致します。

ヒーターコアというのはエアコン使用時の温かい熱源の部品で、ラジエターの水が回る部分です。

交換するにはダッシュ板を降ろさなければなりません。(これが大変です)

画像の方が解りやすいので、沢山アップ致します。

作業初めはこんな室内のようすです。

高級車らしくウッド調のパーツが沢山使用されています。

CIMG0567 これをバラバラにするのは勇気がいりますぞ!

CIMG0574  まずは助手席側よりバラシにかかります。

今の車はパネルのはめ込み多く大変固いので養生をシッカり施し作業にかかります。

CIMG0573 センターコンソール部、メーター部など取り外し部品はきちんと整理して

車外に出しキズがつかないように並べます。

CIMG0575 だんだん原型を留めない?姿になってきました。

CIMG0581 真ん中に見える白い物体が今回のターゲットです。

遂に姿を現しました。「コイツ」戦うことになるのです。

CIMG0582 ハンドルも取り外します。センターに見えるドーナッツ状のパーツを

むやみに動かすと後で厄介なこととなりますので養生テープで固定致します。

CIMG0588 取り外したパーツがだんだん増えてまいります。

CIMG0591 エンジンーム内の配管と切り離し。

CIMG0593 カラッポ! 出てきました。ヒーターコアASSY!

 

CIMG0594 CIMG0595

よくぞ出てきくれました。この中にヒーターコアなる物が潜んでいるので、今度はその中のコアなコアを

引きずり出します。

CIMG0598 出ました! コアなヒーターコア!

手前にあるのが新品でして、コレと交換致します。

CIMG0597 不良コアと良品コア、見た目ではどちらが悪いのか解りません。

CIMG0602 新品に交換したユニットを元に戻します。

山登りでたとえますと下りとなります。下りの方が危険ですよね。

CIMG0603 間の画像が撮っていなくていきなりこのあたりまで来ました。

あと少し! がんばれー!

 CIMG0610 ガスチャージ、ヒータークーラントチャージ

CIMG0609 戻りました。ホット致しました。

これだけの脱着を行い「キズ」は「ゼロ」です。プロの仕事で当然といえば当然なのですが、これだけの修理をノンクレームにて仕上げるには相当の技術が必要とされます。

この後ダイアグテスターにて点検を致しすべてOKでしたので納車となりました。

ご苦労さんでした。(担当 柘植クン)

このような当社の脱着技術はいろいろな作業に流用できますので、インパネ等の脱着のご依頼があれば承ります。

(一部お受けできない車輛もございます)

どうぞお気軽にココまで! :lol:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


10月に入りましたが、今年はまだ暑い日が読きます。

Tディーラー殿よりWISHのエアコン修理依頼をお受けいたしました。

この夏にガスを入れたけれど効かなくなったとの事。(ガス漏れです。)

どこで漏れているかが重要ですが当社では「蛍光剤」(漏れているところで蛍光剤も一緒に出るため目視で漏れが解る)

の使用はしておりません。(再入庫作業となり時間がかかる為)

微量の漏れでも2日頂ければピンポイントで漏れ個所を確定し、修理いたします。今回担当は金井クンです。

 

今回の車輛は車室内ダッシュボードの一番奥に付いている、エバポレーターという部品(室内クーラーを掃除する時に

見えてくるアルミ製のパイプが固まったような部品)より漏れていました。

交換するにはこのような状態にしなければなりません

CIMG0849 運転席の前の部品を全部外しました。

CIMG0850 CIMG0851ハンドルにナビ

これだけの作業を行わないと交換できないのです。 :-(

外した部品を元のとうりに戻すのも技術が必要とされます。(元のとうりとは当然のことですがキズ、破損がない状態の事)

我々電装店は毎日このような仕事をしております。 :-D

私は写真を撮るだけですが、作業者は大変です。 ご苦労さんです。

 


8月ももう終わりですが、日中はまだ暑い日が読いております。

各ディラー様より毎日沢山のエアコン修理依頼を頂きありがたい限りです。

社員一丸となり、早く正確に作業を致しております。

エアコンの効きが悪い、ガスが漏れるなどエアコン修理を承っております。

お気軽にどうぞ。

   CIMG0401

    ↑ ここままで外してエアコン修理する作業もあります。

 

 


ブログのカテゴリー選択

ブログのカレンダー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

ブログの月別情報

アクセス状況

  • 522158総閲覧数:
  • 0今日の訪問者数:
  • 502昨日の訪問者数:
  • 489一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

Yahoo!オークションサイト