カテゴリーが“高難度故障診断”の記事

*************************************************************

~お知らせ~

【石丸電機の定休日】

日曜日・祝日 となっております。 (大型連休は別途連絡いたします。)

なお、クレジットカードのお取り扱いは御座いませんので、予めご了承ください。

*************************************************************

 

こんばんわ(^^♪

今日は、「高難度診断」の紹介です。

石丸電機はデンソー認定の「ダイアグステーション(高難度修理の得意なお店)」であります。

様々な車両に対応できるよう、最新の設備と豊富な情報、高度な技術力で対応します。

CIMG2595 CIMG2550 CIMG2312 CIMG2528

入庫車両は、フェラーリ・・BMW・・検診車・・HV車など本当に多種です\(^o^)/

それらに対応させて、頂く中島ダイアグマイスターの技術力はピカイチであります。

 

今回も、当ホームページを見てご依頼頂きましたm(__)m

エンジンがかからなくなってしまったとの事でした。

お車はコチラ。 

CIMG3441 トヨタTA63型セリカです。 1980年頃のお車です。

IMG_0877 IMG_6068

エンジンがかからない車両でしたので、ご自宅まで引き取りに伺いました(^^♪

自慢のフルローダ(ペタペタになる荷台)積車ですので不動車の引き取りもお任せ下さい(^^♪

早速診断開始です。

CIMG3469

原因は、スタータの不良の他に、配線の修理・加工も必要でした。

CIMG3498 旧車のスタータや電装品もすぐに用意できるシステムを確保してますのでご安心をm(__)m

また、旧車は経年劣化による車輛ハーネスの接触不良や劣化により始動不可になることが多くあります。

CIMG3679

しかし、それらは技術を持って修理すれば復活させる事が可能です(^^♪

CIMG3678 今回もリレー等を追加し、完治させることが出来ました^_^

今の時代、診断ツールももちろん必要ですが、ツールに対応してないこれらの車の修理には豊富な経験と確かな知識が必要になってきます。

 

旧車の修理もお任せ下さい♪

不動車の引き取り・修理なども行っております。

では・・・

 


****************************************************************************

~お知らせ~

【石丸電機の定休日】

日曜日・祝日 となっております。 (大型連休は別途連絡いたします。)

なお、クレジットカードのお取り扱いは御座いませんので、予めご了承ください。

***************************************************************************

こんばんわ(^^♪

 

今日は、「高難度故障診断」の紹介です^_^

近年自動車は『環境・安全・快適・利便』の追求により、高度な電子技術化が急進し車の不具合を治すには高度な技術が必要です。

石丸電機はデンソー認定の「ダイアグステーション(高難度修理の得意なお店)」であります。

様々な車両に対応できるよう、最新の設備と豊富な情報、高度な技術力で対応します。

CIMG2595 CIMG2550 CIMG2312 CIMG2528

入庫車両は、フェラーリ・・BMW・・検診車・・HV車など本当に多種です\(^o^)/

それらに対応して頂く中島ダイアグマイスターの技術力はピカイチであります。

 

今回のお車はコチラ。

CIMG3202 モビリオスパイクです。

CIMG3203 3日でバッテリーが上がってしまうという事です^_^;

早速診断スタートです。

暗電流というモノを測定します。 

CIMG3219 正常な車両をはるかに超える電流が流れております(>_<) これでは上がってしまいます・・・・

あとは、どこに電流が流れているかを調べます。 経験上いくつかの目星はあります。

CIMG3216 配線図を確認です。 資料・情報・ツールが無いと診断は進みません。

CIMG3206 CIMG3208

原因は、オーディオ(ウーハー)の誤配線でした。

配線を直し、バッテリー上がりする事無く、ちゃんとウーハーも使えるようになりました(^^♪

 

車の調子がおかしい、見慣れないランプが点いた!

そんな時は、石丸電機にお任せください。 お問い合わせお待ちしております。

では・・・

 


こんばんわ(^^♪

一週間が無事終わりました(^^♪

土曜の夜はほっとできるお気に入りの時間です♪

 

さて、今日は「エアコン修理(消臭)・高難度診断」の紹介です。

エアコン修理は、当ブログで日々紹介させて頂いておりますがその中でも本日は「エアコン消臭」にピントを当てます!

エアコンの異臭、これは結構悩まれている方が多いと思います。 エアコンをかけた時ににするあの嫌~な臭いアレを解消する技術が石丸電機にはあります!(※全ての臭いを完全に取り除けるものではありません)

~1台目~

CIMG5634 お車は、カムリです\(^o^)/ エアコン付けた時に異臭がしてました^_^;

CIMG5597  CIMG5596

臭いの発生源へアクセスする為部品をばらします。

CIMG5602 詳しくは書けませんが(>_<) 工場長が長年をかけ開発したシステムをもちいて消臭に挑みます(^^♪  

 工場長自ら異臭と戦います(^^♪

 

エアコンのプロが開発したシステムにて消臭をおこないます。 

 

もう一つは、「高難度故障診断」です。

まず、高難度故障診断について少々説明をm(__)m   

近年自動車は、『環境・安全・快適・利便』の追求により、高度な電子技術化が急速に進み故障を特定するには高い技術力経験ツールが必要になっております。

そんな中、石丸電機はデンソーが認定する高難度修理の認定店≪ダイアグステーション≫であります!

CIMG5630 お車はコチラ。 フィアレディZです。 エンジン乗せ換え車両。

車の調子が悪いという事でした。

CIMG5631 まずは、配線図・修理書を確認します。。

CIMG5632 この配線図を理解し解読するにはかなりの技術が必要です。

CIMG5633 そして、故障個所の特定には車用の聴診器を使用しました。

まさに車のお医者さんです\(^o^)/

故障診断には、経験・知識・データ・ツールが必要になります。

 

エアコン修理・高難度診断は電機のプロ石丸電機にお任せ下さい\(^o^)/

では・・・

 

 


こんばんわ(^^♪

一週間がスタートしました。 

昨日もブログUPした通り先週土曜より、「VW/Audiのコーディング・各種取付」をスタートしました。

詳しくはVW/Audi用サイトのココまで。

既に数件のお問い合わせを頂いておりますm(__)m  ありがとうございます。

 

さて、今日は「故障診断」の紹介です。

近年、自動車は『環境・安全・快適・利便』の追求により、高度な電子技術化が急進し車の不具合を治すには高度な技術が必要になります。

しかし、石丸電機はデンソー認定の「ダイアグステーション(高難度修理の得意なお店)」であります。

様々な車両に対応できるよう、最新の設備と豊富な情報量、高度な技術力で対応します。

CIMG2595 CIMG2550 CIMG2312 CIMG2528

フェラーリ・・BMW・・検診車・・HV車など本当に多種です\(^o^)/

それらに対応して頂く中島ダイアグマイスターの技術力はピカイチであります。

 

で、今回入庫したお車はコチラ!

CIMG3524 ダイハツ ネイキッドです。

CIMG3525 写真のようにンジンチェックランプが点灯しております(>_<)

CIMG3608 診断ツールを駆使し故障部位を特定します・・・

どうやら怪しいのは「O2センサー」という部品のようです。

単体点検をしたところ、部品の単体故障であることが判明しました。

CIMG3764 ケーブルが出ているのが該当部品になります。

CIMG3766 専用工具にて外します。 右は新品の部品☆

CIMG3769 交換し確認したところ、故障は解消されました(^^♪

 

これからも元気に走ってくれると思います♪

 

石丸電機では、旧車・輸入車・HV車・大型車など故障診断を承ります。

車の調子が悪い、ランプが点いた。 そんな時はぜひご相談ください。

では・・・・

IMG_1691 (-_-)zzz


こんばんわ(^^♪

アメリカでは粉末のアルコー飲料が発売されるそうです。

作り方は水を注いで混ぜるだけ♪ 粉末ですので軽くて持ち運びは良さそうですがなんとも・・・・(-_-)

 

さて、今日はいつもと違う話題のブログです!

「トヨタ・MR2」の高難度故障診断を行いました。

まず、高難度故障診断について少々説明をm(__)m   

近年自動車は、『環境・安全・快適・利便』の追求により、高度な電子技術化が急速に進み故障を特定するには高い技術力経験ツールが必要になっております。

そんな中、石丸電機はデンソーが認定する高難度修理の認定店≪ダイアグステーション≫であります!

詳しくはコチラ!

 

では、実際の修理にいきましょう。 お車は!

CIMG3501 CIMG3502

トヨタのMR2です。  平成初期の車両ですが大変綺麗な状態で、内装もかなり手がかかっておりました(^v^)

 

症状は、「エンジンがかからない」⇒初爆はあるがその後エンジンが回り続けない状態です。

自社でも、診断用のツールは国産車用・輸入車用と複数台所有しておりますがまずは経験から診断です。

調べていくと・・・切れているヒューズがありました。 燃料系のヒューズです。

CIMG3503 CIMG3504

ヒューズの下流には、燃料系のリレーや燃料ポンプなどが存在します。

サーキットテスターにて電流を確認すると、明らかに過電流が発生してました。

CIMG3505 車内にて確認

理論的に診断していき、今回は燃料ポンプの不良と判断し現在修理中です(●^o^●)

 

この様に、車の故障は大変奥が深く難しい物であります。

診断機をつないで該当部品を交換! それだけでは診断修理とは言えません・・・・

お車の調子が悪い。 見慣れないランプが点灯した。

そんな時は、ぜひ石丸電機に御相談下さいm(__)m

石丸電機は、用品取り付けだけではありません笑

 


本格的に花粉シーズンがやってきました・・・

ぽかぽか陽気で気持ちいい天気ですが、目・鼻は大変なことになっております!

鼻かみすぎて鼻痛い・・・  目薬ないと目真っ赤っか・・・

薬常備でシーズン乗り切ります!!

 

さてさて、最近のブログは社外ヘッドライト取り付けや車高調交換などドレスアップ系の紹介でしたが本日はいつもと違うタイプのお仕事です。

電装品修理の紹介です☆  石丸電機の根本は電装屋で電装品修理は大得意なんです(^^)  

そして、あまり知られてませんが涙  石丸電機は「ダイアグステーション」という㈱デンソー殿が認めた高難度修理を得意とするお店なのです。

 

そんな「ダイアグステーション」には様々な車種が入庫します♪

CIMG2312  CIMG2550  CIMG2593

大型検診車・BMW・時にはフェラーリまで  8-O

これらの高難度な車両、修理に対応するのは真ん中の写真に写っている、「ダイアグマイスター」こと中島工場長です。

デンソーでのハイレベルな研修・試験に合格した故障診断のスペシャリストです。

 

本業も怠ることなくしっかりやっております♪

電装品の修理でお困りの際は、お気軽にご相談下さいm(^^)m

 


CIMG2593 CIMG2591 エンジン丸見                  ふぇらーり~入庫

ご覧のとうりです。

 

当社へのフェラーリの入庫は私の知る限りでは2台めですが。。。

CIMG2590 CIMG2597                 中島工場長奮闘中!

このクラスの車は慣れていないため極度の緊張感の中で作業となりました。

作業内容は「バッテリー交換&ターミナル修理」です。

CIMG2600 バッテリーは助手席足元奥に鎮座しております。

CIMG2649 交換時はバックアップ等安全策を最大限に講じて作業いたします。

たかがバッテリー交換されど、フェラーリですよん! :roll:

CIMG2648 黒い方が新品です。

フェラーリのバッテリー交換を作業時間2H弱、何の問題もなく作業終了致しました。

これってかなり高度な技術を必要とすると思います。

挑戦する勇気は技術の裏付けがあるのでしょう。

よくやってくれました!

我社のエース 8-O  デンソーダイアグマイスター中島工場長 ご苦労さんでした。

CIMG2595 お客様も喜んでお引き取り頂きました。

ありがとうございます。

 

 


本日より仕事初めとなりました。

初日でしたが、ETC取付2件、鈑金塗装2件、リモコンスターター取付1件、出張修理2件

と仕事を承り幸先の良い仕事初めとなりました。

本日は昨年末のブログにて少し登場した「検診車」のヒーター修理についてご紹介致します。

CIMG2312「検診車」という大型バスです。

朝早く現地に向かうためこの季節は当然ヒーターが必要となりますが、

最近調子が悪いとのことで、診断させて頂きました。

「検診車」を「診断」です :roll:

全く作動しないわけではないのですが、時々効かなくなるという事でまずは現象確認から

行います。(中島マイスター担当)

確認が取れ次第不良部品の選定、発注、交換となります。

「燃焼ヒーター」という式の暖房装置で、最近はあまり修理にお目にかかることは少ない

のですが、その昔はこのシーズンになると入庫台数が沢山ございました。

CIMG2314 こんなとこに本体があります。

CIMG2313 燃焼ヒーター本体

↑ コレを塊で車体より取り外しますと ↓ こんなのが出てきます

CIMG2308 石油ストーブみたいです。

CIMG2309 結構汚れがあります。

CIMG2310 燃焼室

↑ コレをOHして再度復元致しますと、バッチリ直りました。

途中画像が無いため修理完了までの説明が簡単ですが実際には大変な作業です。

      中島マイスター殿ご苦労さんでした。 :-o

お客様も、「これで早朝でもポカポカで出動できます」と大変喜ばれてみえました。

この作業は大変特殊な知識と経験を必要とします。

今ではあまり必要としない「勘」なども。

       これも全て「技術力」です。

当社では超デジタル機器からアナログ機器まで対応可能です。

 

 

 

 


ホットコーヒーがおいしい時期になりました。

秋から冬へと季節の変わり目ですので皆様も体調を崩さぬようご自愛下さい。

さて、今回は9月頃の作業のご紹介を致します。

長くなりますので、よろしくお願いいたします。 :roll:

日産ディラー殿よりご依頼がございましたシーマのヒーターコア取り替えです。

高級車ということで少々緊張致します。

ヒーターコアというのはエアコン使用時の温かい熱源の部品で、ラジエターの水が回る部分です。

交換するにはダッシュ板を降ろさなければなりません。(これが大変です)

画像の方が解りやすいので、沢山アップ致します。

作業初めはこんな室内のようすです。

高級車らしくウッド調のパーツが沢山使用されています。

CIMG0567 これをバラバラにするのは勇気がいりますぞ!

CIMG0574  まずは助手席側よりバラシにかかります。

今の車はパネルのはめ込み多く大変固いので養生をシッカり施し作業にかかります。

CIMG0573 センターコンソール部、メーター部など取り外し部品はきちんと整理して

車外に出しキズがつかないように並べます。

CIMG0575 だんだん原型を留めない?姿になってきました。

CIMG0581 真ん中に見える白い物体が今回のターゲットです。

遂に姿を現しました。「コイツ」戦うことになるのです。

CIMG0582 ハンドルも取り外します。センターに見えるドーナッツ状のパーツを

むやみに動かすと後で厄介なこととなりますので養生テープで固定致します。

CIMG0588 取り外したパーツがだんだん増えてまいります。

CIMG0591 エンジンーム内の配管と切り離し。

CIMG0593 カラッポ! 出てきました。ヒーターコアASSY!

 

CIMG0594 CIMG0595

よくぞ出てきくれました。この中にヒーターコアなる物が潜んでいるので、今度はその中のコアなコアを

引きずり出します。

CIMG0598 出ました! コアなヒーターコア!

手前にあるのが新品でして、コレと交換致します。

CIMG0597 不良コアと良品コア、見た目ではどちらが悪いのか解りません。

CIMG0602 新品に交換したユニットを元に戻します。

山登りでたとえますと下りとなります。下りの方が危険ですよね。

CIMG0603 間の画像が撮っていなくていきなりこのあたりまで来ました。

あと少し! がんばれー!

 CIMG0610 ガスチャージ、ヒータークーラントチャージ

CIMG0609 戻りました。ホット致しました。

これだけの脱着を行い「キズ」は「ゼロ」です。プロの仕事で当然といえば当然なのですが、これだけの修理をノンクレームにて仕上げるには相当の技術が必要とされます。

この後ダイアグテスターにて点検を致しすべてOKでしたので納車となりました。

ご苦労さんでした。(担当 柘植クン)

このような当社の脱着技術はいろいろな作業に流用できますので、インパネ等の脱着のご依頼があれば承ります。

(一部お受けできない車輛もございます)

どうぞお気軽にココまで! :lol:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


こんにちは :-)

週末は久しぶりに大学時代の友人と卒業校の学園祭&ご飯を食べに行ってきました。

同じ自動車業界で頑張る友人を見ると自分も頑張らねば!とやる気倍増です 8-)

思い出話は尽きず、気が付けが朝日が出ていたとか・・・出ていないとか 8-O

卒業後もこの様に集まる事ができ、これだけ話ができる友人と出会えた事に感謝感謝☆

 

さて本日は、「エンジンがかからない(´A`。)」とSOSを受けたお話です。

お客様は日ごろから来店していただける方で、電話でのSOS要請でした。

必要機材を積み込み、車庫で走りたそうに私を見ていたLIFEに乗り込み現場に急行です 8-)

バッテリーテスターにてバッテリーの状態をチェック

結果は・・・残念ですがNGでした :cry:

あらかじめお客様からバッテリーサイズを伺いましたので、新品バッテリに交換いたします。

無事エンジンかかりました :-)

スタンドも近くに無い現場でしたので大変喜んでいただけました :-P

 

今回の様に出張修理も承っております。

もしもの時はこちらまで

↓ ↓ ↓

℡:0574-26-1365

自社では積載車も完備しており、故障車・事故車なども対応可能です。

 

積載車

こちらの積載車、実は・・・トランスフォーム☆いたします 8-)

トランスフォームした姿はまた後々紹介しますね。

 

☆石丸ドレスアップカーミーティングまであと6日

 

 

 

 

 

 

 

 


ブログのカテゴリー選択

ブログのカレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログの月別情報

アクセス状況

  • 457863総閲覧数:
  • 261今日の訪問者数:
  • 339昨日の訪問者数:
  • 316一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

Yahoo!オークションサイト