カテゴリーが“高難度故障診断”の記事

本格的に花粉シーズンがやってきました・・・

ぽかぽか陽気で気持ちいい天気ですが、目・鼻は大変なことになっております!

鼻かみすぎて鼻痛い・・・  目薬ないと目真っ赤っか・・・

薬常備でシーズン乗り切ります!!

 

さてさて、最近のブログは社外ヘッドライト取り付けや車高調交換などドレスアップ系の紹介でしたが本日はいつもと違うタイプのお仕事です。

電装品修理の紹介です☆  石丸電機の根本は電装屋で電装品修理は大得意なんです(^^)  

そして、あまり知られてませんが涙  石丸電機は「ダイアグステーション」という㈱デンソー殿が認めた高難度修理を得意とするお店なのです。

 

そんな「ダイアグステーション」には様々な車種が入庫します♪

CIMG2312  CIMG2550  CIMG2593

大型検診車・BMW・時にはフェラーリまで  8-O

これらの高難度な車両、修理に対応するのは真ん中の写真に写っている、「ダイアグマイスター」こと中島工場長です。

デンソーでのハイレベルな研修・試験に合格した故障診断のスペシャリストです。

 

本業も怠ることなくしっかりやっております♪

電装品の修理でお困りの際は、お気軽にご相談下さいm(^^)m

 


CIMG2593 CIMG2591 エンジン丸見                  ふぇらーり~入庫

ご覧のとうりです。

 

当社へのフェラーリの入庫は私の知る限りでは2台めですが。。。

CIMG2590 CIMG2597                 中島工場長奮闘中!

このクラスの車は慣れていないため極度の緊張感の中で作業となりました。

作業内容は「バッテリー交換&ターミナル修理」です。

CIMG2600 バッテリーは助手席足元奥に鎮座しております。

CIMG2649 交換時はバックアップ等安全策を最大限に講じて作業いたします。

たかがバッテリー交換されど、フェラーリですよん! :roll:

CIMG2648 黒い方が新品です。

フェラーリのバッテリー交換を作業時間2H弱、何の問題もなく作業終了致しました。

これってかなり高度な技術を必要とすると思います。

挑戦する勇気は技術の裏付けがあるのでしょう。

よくやってくれました!

我社のエース 8-O  デンソーダイアグマイスター中島工場長 ご苦労さんでした。

CIMG2595 お客様も喜んでお引き取り頂きました。

ありがとうございます。

 

 


本日より仕事初めとなりました。

初日でしたが、ETC取付2件、鈑金塗装2件、リモコンスターター取付1件、出張修理2件

と仕事を承り幸先の良い仕事初めとなりました。

本日は昨年末のブログにて少し登場した「検診車」のヒーター修理についてご紹介致します。

CIMG2312「検診車」という大型バスです。

朝早く現地に向かうためこの季節は当然ヒーターが必要となりますが、

最近調子が悪いとのことで、診断させて頂きました。

「検診車」を「診断」です :roll:

全く作動しないわけではないのですが、時々効かなくなるという事でまずは現象確認から

行います。(中島マイスター担当)

確認が取れ次第不良部品の選定、発注、交換となります。

「燃焼ヒーター」という式の暖房装置で、最近はあまり修理にお目にかかることは少ない

のですが、その昔はこのシーズンになると入庫台数が沢山ございました。

CIMG2314 こんなとこに本体があります。

CIMG2313 燃焼ヒーター本体

↑ コレを塊で車体より取り外しますと ↓ こんなのが出てきます

CIMG2308 石油ストーブみたいです。

CIMG2309 結構汚れがあります。

CIMG2310 燃焼室

↑ コレをOHして再度復元致しますと、バッチリ直りました。

途中画像が無いため修理完了までの説明が簡単ですが実際には大変な作業です。

      中島マイスター殿ご苦労さんでした。 :-o

お客様も、「これで早朝でもポカポカで出動できます」と大変喜ばれてみえました。

この作業は大変特殊な知識と経験を必要とします。

今ではあまり必要としない「勘」なども。

       これも全て「技術力」です。

当社では超デジタル機器からアナログ機器まで対応可能です。

 

 

 

 


ホットコーヒーがおいしい時期になりました。

秋から冬へと季節の変わり目ですので皆様も体調を崩さぬようご自愛下さい。

さて、今回は9月頃の作業のご紹介を致します。

長くなりますので、よろしくお願いいたします。 :roll:

日産ディラー殿よりご依頼がございましたシーマのヒーターコア取り替えです。

高級車ということで少々緊張致します。

ヒーターコアというのはエアコン使用時の温かい熱源の部品で、ラジエターの水が回る部分です。

交換するにはダッシュ板を降ろさなければなりません。(これが大変です)

画像の方が解りやすいので、沢山アップ致します。

作業初めはこんな室内のようすです。

高級車らしくウッド調のパーツが沢山使用されています。

CIMG0567 これをバラバラにするのは勇気がいりますぞ!

CIMG0574  まずは助手席側よりバラシにかかります。

今の車はパネルのはめ込み多く大変固いので養生をシッカり施し作業にかかります。

CIMG0573 センターコンソール部、メーター部など取り外し部品はきちんと整理して

車外に出しキズがつかないように並べます。

CIMG0575 だんだん原型を留めない?姿になってきました。

CIMG0581 真ん中に見える白い物体が今回のターゲットです。

遂に姿を現しました。「コイツ」戦うことになるのです。

CIMG0582 ハンドルも取り外します。センターに見えるドーナッツ状のパーツを

むやみに動かすと後で厄介なこととなりますので養生テープで固定致します。

CIMG0588 取り外したパーツがだんだん増えてまいります。

CIMG0591 エンジンーム内の配管と切り離し。

CIMG0593 カラッポ! 出てきました。ヒーターコアASSY!

 

CIMG0594 CIMG0595

よくぞ出てきくれました。この中にヒーターコアなる物が潜んでいるので、今度はその中のコアなコアを

引きずり出します。

CIMG0598 出ました! コアなヒーターコア!

手前にあるのが新品でして、コレと交換致します。

CIMG0597 不良コアと良品コア、見た目ではどちらが悪いのか解りません。

CIMG0602 新品に交換したユニットを元に戻します。

山登りでたとえますと下りとなります。下りの方が危険ですよね。

CIMG0603 間の画像が撮っていなくていきなりこのあたりまで来ました。

あと少し! がんばれー!

 CIMG0610 ガスチャージ、ヒータークーラントチャージ

CIMG0609 戻りました。ホット致しました。

これだけの脱着を行い「キズ」は「ゼロ」です。プロの仕事で当然といえば当然なのですが、これだけの修理をノンクレームにて仕上げるには相当の技術が必要とされます。

この後ダイアグテスターにて点検を致しすべてOKでしたので納車となりました。

ご苦労さんでした。(担当 柘植クン)

このような当社の脱着技術はいろいろな作業に流用できますので、インパネ等の脱着のご依頼があれば承ります。

(一部お受けできない車輛もございます)

どうぞお気軽にココまで! :lol:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


こんにちは :-)

週末は久しぶりに大学時代の友人と卒業校の学園祭&ご飯を食べに行ってきました。

同じ自動車業界で頑張る友人を見ると自分も頑張らねば!とやる気倍増です 8-)

思い出話は尽きず、気が付けが朝日が出ていたとか・・・出ていないとか 8-O

卒業後もこの様に集まる事ができ、これだけ話ができる友人と出会えた事に感謝感謝☆

 

さて本日は、「エンジンがかからない(´A`。)」とSOSを受けたお話です。

お客様は日ごろから来店していただける方で、電話でのSOS要請でした。

必要機材を積み込み、車庫で走りたそうに私を見ていたLIFEに乗り込み現場に急行です 8-)

バッテリーテスターにてバッテリーの状態をチェック

結果は・・・残念ですがNGでした :cry:

あらかじめお客様からバッテリーサイズを伺いましたので、新品バッテリに交換いたします。

無事エンジンかかりました :-)

スタンドも近くに無い現場でしたので大変喜んでいただけました :-P

 

今回の様に出張修理も承っております。

もしもの時はこちらまで

↓ ↓ ↓

℡:0574-26-1365

自社では積載車も完備しており、故障車・事故車なども対応可能です。

 

積載車

こちらの積載車、実は・・・トランスフォーム☆いたします 8-)

トランスフォームした姿はまた後々紹介しますね。

 

☆石丸ドレスアップカーミーティングまであと6日

 

 

 

 

 

 

 

 


自動車整備工場殿より、Jeepのエンジン不調のご依頼がございました。

1.踏切の手前でエンストした。 :cry:

2.タコメーターが2000回転以上上がらない :-(

3.エンジンの調子が悪い :-?

この3点がお客様よりの苦情内容との事でした。

CIMG0865 Jeepのオープンカー(マニアックな車です)

 

特に1.については大変危険な場面に合われたようで、「心配で乗っていられない」と言ってみえたようです

自動車整備工場殿で各部を点検されたようですが症状が確認できないので苦慮されていました。

このように「不具合が出ない」という修理が一番大変です。

不具合としては起こっているのでそれを再現させる事からこの仕事は始まります。

このような仕事を私たちは「高難度故障診断」と呼びます。あらゆるスキャンツール、データーモニターなどを駆使して

この難問と「勝負」するのは中島マイスター(工場長)です。とにかく再現をさせるためにツールを接続し試乗を繰り返し

行います。集めたデーターを分析致しますと下記の様な異常波形が確認できました。

  無題不具合が発生した時のIGの波形

 

ふむふむ???

解る人には解るデーターです。

これが主原因と判断し、「イグナイターモジュール」なる部品の交換となり問診での3点の不具合も全て解消され

納車となりました。原因をしっかり見極めていますのでお客様にも安心してお渡しができました。

当社の技術力が発揮された診断修理でした。

特にこのように「時々不調になる」などハッキリ症状が掴めない故障が難易度が高いのです。

隠れている不具合を見つけ直する事は、名医が隠れている「がん」を見つけ出し直す事とよく似ています。 :-P

携わる店、担当者によってその結果は大きく違ってくるのです。

 

ps:私事ですが先の検診で引っかかり後日再検査です。何か出てきたら名医を探します。(笑)

 

 

 

 


CIMG0792 CIMG0793 CIMG0794 CIMG0795

JAFよりこのようにプリウスが運ばれてきました。

お客様の駐車場で、いきなり動かなくなりブースターで繋いでも掛からないとの事 :cry:

ハイブリッド車は他の車とは機構が違い、専門知識が必要です。

当社は「デンソーハイブリッド車技術取得店」となっております。

今回の担当はマイスターの中島工場長です。

CIMG0867 この辺が怪しいようです。

スキャンツールにて診断して、不具合を直していきますが、普通の車とは取扱いが違いますので

緊張致します。 :-?

的確な不具合原因究明により、不具合が解消致しました。

入庫時はレッカー車でしたが、お引き取り時は普通走行でお帰りになられました。

今後も新しいハイブリッド車がどんどん増えてまいります。

当社も対応できるよう、常に技術を磨かねばと考えます。 8-O

 

 

 

 

 


10月に入りましたが、今年はまだ暑い日が読きます。

Tディーラー殿よりWISHのエアコン修理依頼をお受けいたしました。

この夏にガスを入れたけれど効かなくなったとの事。(ガス漏れです。)

どこで漏れているかが重要ですが当社では「蛍光剤」(漏れているところで蛍光剤も一緒に出るため目視で漏れが解る)

の使用はしておりません。(再入庫作業となり時間がかかる為)

微量の漏れでも2日頂ければピンポイントで漏れ個所を確定し、修理いたします。今回担当は金井クンです。

 

今回の車輛は車室内ダッシュボードの一番奥に付いている、エバポレーターという部品(室内クーラーを掃除する時に

見えてくるアルミ製のパイプが固まったような部品)より漏れていました。

交換するにはこのような状態にしなければなりません

CIMG0849 運転席の前の部品を全部外しました。

CIMG0850 CIMG0851ハンドルにナビ

これだけの作業を行わないと交換できないのです。 :-(

外した部品を元のとうりに戻すのも技術が必要とされます。(元のとうりとは当然のことですがキズ、破損がない状態の事)

我々電装店は毎日このような仕事をしております。 :-D

私は写真を撮るだけですが、作業者は大変です。 ご苦労さんです。

 


秋晴れの運動会日和の今日でした。(道路をはさんで向かいが小学校です。)

朝から応援のご父兄のみなさんがクールボックス、お弁当、シートといっぱいの

荷物をカートに積んで運動場へと向かってみえました。

当社が小学校と非常に近いことから、毎年の事ですがお取引させて頂いております

お客様が、当社駐車場に車を置いて行かれます。

こんな時ぐらいしかお客様に日頃の恩返しができませんので、お役にたてて

嬉しかったです。

 

そろそろ、(PM3:40)運動会も終了しぐったりとしたお父さんが

かえってみえました。

私は子供の頃、親に運動会を見に来てもらった事がありませんし

私が子供の運動会を見に行った事もありませんので、

この光景を見るとうらやましい限りです。

 

余談はここまで。 :lol:

 

今日はTディラー殿よりウィッシュの配線修理のご依頼を承りました。

症状は「リヤワイパーを作動させると、ウィンカーが点滅する、

    ウィンカーを作動させると、リヤワイパーが動き出す???」

何だか訳が分からない???当社は自動車電機修理の専門店ですので

このような修理依頼は少なくありません。

「ブレーキを踏むとテールが点灯する」「ヘッドライトを点灯するとワイパーが作動しだす」

など、お化け現象の様な修理ですが、やはり簡単に直る訳ではありません。

CIMG0799 配線図

↑ 配線図を用意いしてにらめっこしながら回路を点検していきます。

 この配線図は比較的簡単ですが、もっと複雑な配線図を解読しながら

進めていきます。

今回はデンソーダイアグマイスター(中島工場長)が担当させて頂きました。

回路上の配線間ショートが原因で不具合が起こっていたので、修理、納車となりました。

修理とは不具合原因を突き止め直すことです。しかしそれをこなしていくには

ハイレベルなスキルが必要となります。

 

 

 

 


8月ももう終わりですが、日中はまだ暑い日が読いております。

各ディラー様より毎日沢山のエアコン修理依頼を頂きありがたい限りです。

社員一丸となり、早く正確に作業を致しております。

エアコンの効きが悪い、ガスが漏れるなどエアコン修理を承っております。

お気軽にどうぞ。

   CIMG0401

    ↑ ここままで外してエアコン修理する作業もあります。

 

 


ブログのカテゴリー選択

ブログのカレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログの月別情報

アクセス状況

  • 677134総閲覧数:
  • 317今日の訪問者数:
  • 318昨日の訪問者数:
  • 354一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

Yahoo!オークションサイト