高級車 シーマ ヒーターコア取り替え ダッシュ板 脱着

ホットコーヒーがおいしい時期になりました。

秋から冬へと季節の変わり目ですので皆様も体調を崩さぬようご自愛下さい。

さて、今回は9月頃の作業のご紹介を致します。

長くなりますので、よろしくお願いいたします。 :roll:

日産ディラー殿よりご依頼がございましたシーマのヒーターコア取り替えです。

高級車ということで少々緊張致します。

ヒーターコアというのはエアコン使用時の温かい熱源の部品で、ラジエターの水が回る部分です。

交換するにはダッシュ板を降ろさなければなりません。(これが大変です)

画像の方が解りやすいので、沢山アップ致します。

作業初めはこんな室内のようすです。

高級車らしくウッド調のパーツが沢山使用されています。

CIMG0567 これをバラバラにするのは勇気がいりますぞ!

CIMG0574  まずは助手席側よりバラシにかかります。

今の車はパネルのはめ込み多く大変固いので養生をシッカり施し作業にかかります。

CIMG0573 センターコンソール部、メーター部など取り外し部品はきちんと整理して

車外に出しキズがつかないように並べます。

CIMG0575 だんだん原型を留めない?姿になってきました。

CIMG0581 真ん中に見える白い物体が今回のターゲットです。

遂に姿を現しました。「コイツ」戦うことになるのです。

CIMG0582 ハンドルも取り外します。センターに見えるドーナッツ状のパーツを

むやみに動かすと後で厄介なこととなりますので養生テープで固定致します。

CIMG0588 取り外したパーツがだんだん増えてまいります。

CIMG0591 エンジンーム内の配管と切り離し。

CIMG0593 カラッポ! 出てきました。ヒーターコアASSY!

 

CIMG0594 CIMG0595

よくぞ出てきくれました。この中にヒーターコアなる物が潜んでいるので、今度はその中のコアなコアを

引きずり出します。

CIMG0598 出ました! コアなヒーターコア!

手前にあるのが新品でして、コレと交換致します。

CIMG0597 不良コアと良品コア、見た目ではどちらが悪いのか解りません。

CIMG0602 新品に交換したユニットを元に戻します。

山登りでたとえますと下りとなります。下りの方が危険ですよね。

CIMG0603 間の画像が撮っていなくていきなりこのあたりまで来ました。

あと少し! がんばれー!

 CIMG0610 ガスチャージ、ヒータークーラントチャージ

CIMG0609 戻りました。ホット致しました。

これだけの脱着を行い「キズ」は「ゼロ」です。プロの仕事で当然といえば当然なのですが、これだけの修理をノンクレームにて仕上げるには相当の技術が必要とされます。

この後ダイアグテスターにて点検を致しすべてOKでしたので納車となりました。

ご苦労さんでした。(担当 柘植クン)

このような当社の脱着技術はいろいろな作業に流用できますので、インパネ等の脱着のご依頼があれば承ります。

(一部お受けできない車輛もございます)

どうぞお気軽にココまで! :lol:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


(2013年10月29日 15:32)
| コメントはまだありません

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

ブログのカテゴリー選択

ブログのカレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ブログの月別情報

アクセス状況

  • 658170総閲覧数:
  • 329今日の訪問者数:
  • 389昨日の訪問者数:
  • 402一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

Yahoo!オークションサイト