MR2 エンジンかからない 故障診断

こんばんわ(^^♪

アメリカでは粉末のアルコー飲料が発売されるそうです。

作り方は水を注いで混ぜるだけ♪ 粉末ですので軽くて持ち運びは良さそうですがなんとも・・・・(-_-)

 

さて、今日はいつもと違う話題のブログです!

「トヨタ・MR2」の高難度故障診断を行いました。

まず、高難度故障診断について少々説明をm(__)m   

近年自動車は、『環境・安全・快適・利便』の追求により、高度な電子技術化が急速に進み故障を特定するには高い技術力経験ツールが必要になっております。

そんな中、石丸電機はデンソーが認定する高難度修理の認定店≪ダイアグステーション≫であります!

詳しくはコチラ!

 

では、実際の修理にいきましょう。 お車は!

CIMG3501 CIMG3502

トヨタのMR2です。  平成初期の車両ですが大変綺麗な状態で、内装もかなり手がかかっておりました(^v^)

 

症状は、「エンジンがかからない」⇒初爆はあるがその後エンジンが回り続けない状態です。

自社でも、診断用のツールは国産車用・輸入車用と複数台所有しておりますがまずは経験から診断です。

調べていくと・・・切れているヒューズがありました。 燃料系のヒューズです。

CIMG3503 CIMG3504

ヒューズの下流には、燃料系のリレーや燃料ポンプなどが存在します。

サーキットテスターにて電流を確認すると、明らかに過電流が発生してました。

CIMG3505 車内にて確認

理論的に診断していき、今回は燃料ポンプの不良と判断し現在修理中です(●^o^●)

 

この様に、車の故障は大変奥が深く難しい物であります。

診断機をつないで該当部品を交換! それだけでは診断修理とは言えません・・・・

お車の調子が悪い。 見慣れないランプが点灯した。

そんな時は、ぜひ石丸電機に御相談下さいm(__)m

石丸電機は、用品取り付けだけではありません笑

 


(2014年04月22日 22:49)
| コメントはまだありません

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

ブログのカテゴリー選択

ブログのカレンダー

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログの月別情報

アクセス状況

  • 862870総閲覧数:
  • 453今日の訪問者数:
  • 661昨日の訪問者数:
  • 599一日あたりの訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数:

Yahoo!オークションサイト